【201703】JNTO3月訪日外国人観光客数は221万人と好調維持。当社通年予測は2,868万人!

日本政府観光局(JNTO)の3月速報が発表!

4/19 16:00 JNTOから3月の速報が発表されました。数値は約221万人(2,205,700人)と、前年比を約10%上回りました。過年度分も含めた月別推移グラフはコチラです。

image

(出典:日本政府観光局(JNTO)発表資料より作成)

1-3月の累計値は約654万人。 前年比伸び率は13.6%。第1四半期が終わりましたが極めて好調なペースを維持しています。

国別にみると前年比大きく落ち込んでいる国がある

しかし国別に分解してみますと、前年比大きく落ち込んでいる国があります。
image
具体的にはフィリピン・イギリス・スペイン・オーストラリア。なぜ大きく下回ったのでしょうか?

イースター休暇が3月→4月に切り替わった。

その要因はキリスト教の復活祭にちなんだ祭日休暇”イースター”が3月(2016)→4月(2017) に移動したためです。

といいますのもイースターは毎年決まった日付ではなく、「春分の日 直後の満月から数えて最初の日曜日」という少し変わったルールで決定されます。

(参考)2011年~2020年のイースター。4月が多いですね。

イースター
2011年 4月24日
2012年 4月 8日
2013年 3月31日
2014年 4月20日
2015年 4月 5日
2016年 3月27日
2017年 4月16日
2018年 4月 1日
2019年 4月21日
2020年 4月12日

 

この休暇日のシフトによって、キリスト教が主要宗教の国々が前年比大きく落ち込む結果になりました。ちなみにフィリピンはキリスト教信者が全体の90%以上を占めています。

過去データから回帰分析してみた。

第1四半期を終えてデータが溜まってきました。毎月恒例の回帰分析を通じて2017年通年の予測を算出してみましょう。image
(3月累計訪日観光客数を X / 年間訪日観光客を Y として過去6年分のデータを元に回帰分析)

 

その結果導き出された回帰式がコチラ。

Y=4.3749X – 78,989

Xに2017年3月累計訪日観光客数 6,537,168人を代入すると・・・2017年年間訪日観光客数は 2,868万人   となりました。

イースター休暇4月シフトの影響が数字に現れてくれば、3,000万人はまだ狙えるラインでしょう。

今月の国特集:オーストラリア

今月取り上げる国はオーストラリアです。
image

前回取り上げたタイ同様、訪日ピークのトレンドが全体傾向と異なってます。

オーストラリアの場合は12月→1月となっていますが、これは

  • 夏休みが12月中旬~1月下旬
  • 雪のアクティビティを求めている

ためです。

オーストラリアは南半球に位置するため、日本と季節が真逆になってしまうんですね。なのでサンタクロースもサーフィンに乗ってます。


(出典:Australia !

まとめ

というわけでJNTO訪日観光客3月統計をまとめると下記の通り。

  • 2017年3月は221万人と前年比10%超えで好調
  • 回帰分析では通年2,868万人
  • イースター休暇4月シフトの影響でキリスト教圏は伸び悩む。
  • オーストラリアは季節感が日本と真逆で冬が訪日のピーク

 

イースター休暇4月シフトの反動増が出てくる4月は、大きく伸びてくるでしょう。来月も要注目です!

今日の一句

”春節と 同じく変動 イースター”

 

 

参考:春節も毎年変わります。

【201701】JNTO1月訪日外国人観光客数は230万人。回帰分析したら通年予測3,180万人になった。

2017.02.16

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で地ブラ_インバウンド情報局をフォローしよう!

世界最大級の旅行博 ツーリズムEXPOジャパンに出展。


期間:2017年9月21日(木)~24日(日)
場所:東京ビッグサイト(東京国際展示場)  東7ホール ブース番号 W 16-06

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です