【201706】JNTO6月訪日外国人観光客数は235万人。通年予測は2,867万人付近。ミサイルより地震が怖い韓国人

日本政府観光局(JNTO)の6月速報が発表!

7/19 16:00 JNTOから6月の速報が発表されました。2016年6月の199万人から約18%伸長し、約235万人(2,346,500人)となりました。

過年度分も含めた月別推移グラフはコチラです。

201706

(出典:日本政府観光局(JNTO)発表資料より作成)

 

1-6月の累計値は約1,376万人。 前年比伸び率は17.4%。

半年が経過し、いよいよ後半戦に突入します!

 

 

韓国が引き続き好調

先月に続き韓国の伸び率が好調です。昨年の熊本地震の反動増が続いていることに加え、LCCの便数増加が勢いに拍車をかけています。

 

201706_nobi

 

 

弊社韓国人スタッフのパクさんによると、韓国人は北朝鮮のミサイルよりも地震のほうが怖いとのこと。普段接している情報の頻度が違うと捉え方も大きく変わるようですね。

201706_korea

 

 

過去データから回帰分析してみた。

では毎月恒例の回帰分析で2017年通年予測を算出してみましょう。

201706_kaiki

(6累計訪日観光客数を X / 年間訪日観光客を Y として過去6年分のデータを元に回帰分析)

その結果導き出された回帰式がコチラ。

Y = 2.0609x  +315,046

 

Xに2017年6月累計訪日観光客数 1,376万人を代入すると・・・2017年年間訪日観光客数は 2,867万人   となりました。

4ヶ月連続で2,800万人台となっていることに加え回帰式も安定してきたため、今後この値から大きく変わることはないでしょう。

 

 

今月の国特集:中国

先月に引き続き今月も中国に注目します。先月の分析では、2017年は前年比ほとんど伸びていないことが明らかになりましたが、6月に入り傾向は変わったのでしょうか??

月次推移を見てみますと・・・

201706_china

伸びはわずかに0.8%。今月も中国は眠れる獅子でした。

 

なぜ中国は前年並みなのか?

韓国が大きく伸長中である一方、現状特に大きな政情不安があるわけではない中国の伸びがイマイチなのは何故なのでしょうか?

 

弊社内でも考察したところ、5月中国広東省へ出張した際、現地旅行会社がヨーロッパ向け格安旅行を重点的に企画している話を聞いていました。

データによる確証はまだ取れていませんが、可能性の1つとしては考えられます。

 

 

まとめ

というわけでJNTO訪日観光客6月統計をまとめると下記の通り。

  • 2017年6月は235万人と6月最高値をマーク
  • 韓国はテポドンよりも地震が怖い
  • 回帰分析では通年予測2,867万人。これより大きな変動はなさそう。
  • 中国人は格安ヨーロッパツアーに流れている可能性

今年のインバウンド市場を賑わせるのは中国ではなく韓国かもしれませんね。

来月もどうぞよろしくお願いします!

今日の一句

”地震より テポドン怖い 日本人”

 

 

中国広東省の詳細インバウンドレポートはこちら

【人口1億人】中国広東省エリアの2大都市 広州・深センをインバウンド集客視点で分析する。

2017.05.09

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で地ブラ_インバウンド情報局をフォローしよう!

私たちについて

イメージに惑わされない正確なインバウンド情報を、マーケットデータと海外出張で得た現地1次情報を交えてお届けします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です