【201708】JNTO8月訪日外国人観光客数は過去最高の248万人。通年予測は2,854万人。中国ビザ緩和効果が発現!

日本政府観光局(JNTO)の8月速報が発表!

9/20 16:00 JNTOより8月の速報が発表されました。訪日ピークとなる夏休み後半戦の8月は単月では過去最高となる248万人(2,477,500人)となりました!

過年度分も含めた月別推移グラフは下記の通り。

 

201708_zentai

(出典:日本政府観光局(JNTO)発表資料より作成)

 

1-8月の累計値は約1,892万人。 前年比伸び率は17.8% となりました。

 

 

アジア諸国が牽引する

伸び率ではアジア勢が堅調でした。

201708_nobi

(出典:日本政府観光局(JNTO)発表資料より作成)

 

 

訪日数第2位の韓国も地震不安払拭 & LCC増便効果により成長を維持しています。

201708_korea

 

 

 

過去データから回帰分析してみた⇒2017年通年予測は2,854万人

では毎月恒例の回帰分析で2017年通年予測を算出してみましょう。

201708_kaiki

(8月累計訪日観光客数を X / 年間訪日観光客を Y として過去6年分のデータを元に回帰分析)

 

回帰分析の結果、導かれた2017年年間訪日観光客数は 2,854万人。

 

導かれた回帰式は違いますが、予測数値は先月と全く同じでした。

y = 1.4985x + 193,444

 

3,000万人突破は来年以降になりそうです。

 

 

今月の国特集:中国

今月の国特集は中国です。上半期はまではほぼ前年並みという眠れる獅子だった中国ですが、8月に一気に単月過去最高の82万人をマークしました。

増加の要因としてJNTOは、ビザ発行要件緩和とクルーズ船増加をあげています。今回はビザ緩和の県について見てみましょう。

201708_china

 

中国人に対するビザ発給要件の緩和

外務省のHPには下記のように記載されています。

 

(1)中国国内に居住する中国人に対する措置

ア 十分な経済力を有する方に対する数次ビザの発給開始
十分な経済力を有する方とその家族に対して,有効期間3年,1回の滞在期間30日の数次ビザ(初回は観光に限定)の発給を開始します。

イ 東北三県数次ビザの六県への拡大
東北三県(岩手県,宮城県,福島県)数次ビザの対象訪問地を,東北六県(青森県,岩手県,宮城県,秋田県,山形県,福島県)へ拡大するとともに,これまで一定の経済力を有する方に課していた,過去3年以内の日本への渡航歴要件を廃止します。

ウ 相当の高所得者に対する数次ビザの緩和
相当の高所得を有する方とその家族に発給している数次ビザ(有効期間5年,1回の滞在期間90日)は,初回の訪日目的を観光に限定せず,商用や知人訪問等の目的でも利用できることとします。また,このビザを利用する方は,航空券,宿泊先等を旅行社を介さず自ら手配できることとします。

エ 個人観光一次ビザの申請手続簡素化
クレジットカード(ゴールド)を所持する方に対して,個人観光一次ビザの提出書類を簡素化します。

(2)中国国外に居住する中国人に対する措置

中国国外に居住する中国の方も,中国国内の申請と同じ要件(注)で,観光目的の数次ビザを取得できることとします。

(注)十分な経済力を有する方とその家族に対して,有効期間3年,1回の滞在期間30日の数次ビザの発給を,また,相当の高所得を有する方とその家族に対して,有効期間5年,1回の滞在期間90日の数次ビザの発給を開始します。

出典:外務省HP

 

中所得層の方であれば、数次ビザ(有効期間内なら何度でも使えるビザ)の対象地が東北6件に拡大したことで条件を満たしやすくなったことに加え、ゴールドカードを所持していれば必要書類を省略できるなど申請しやすくなりました。

また中国以外に居住する中国人も数次ビザを取得できることが地味に大きいです。

 

中国国際移民報告(2015)によると、世界には6,000万人もの華人・華僑がいるとのこと。移民の規模としては世界最大。1つの国が出来てしまいそうな規模です。今後訪日中国人観光客の内訳において彼らの存在感が高まってくるかもしれません。

 

 

まとめ

というわけでJNTO訪日観光客8月統計をまとめると下記の通り。

  • 2017年8月は248万人と単月過去最高値をマーク
  • 中国がビザ緩和の影響を受け大復調 単月で過去最高
  • 回帰分析では通年予測2,854万人。
  • 華人・華僑のインパクトに今後注目

 

第三四半期の締めとなる来月はどうなるのでしょうか?来月もお楽しみに!

 

 

今日の一句

”尋常じゃ ない規模華僑 6,000万”

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で地ブラ_インバウンド情報局をフォローしよう!

私たちについて

イメージに惑わされない正確なインバウンド情報を、マーケットデータと海外出張で得た現地1次情報を交えてお届けします。