【201709】JNTO9月訪日外国人観光客数は228万人。通年予測は2,853万人。台風で足止めされた台湾人。

日本政府観光局(JNTO)の9月速報が発表!

10/18 16:00 JNTOより9月の速報が発表されました。訪日ピークとなる夏休み後半戦の9月は単月では過去最高となる228万人(2,280,100人)となりました!

過年度分も含めた月別推移グラフは下記の通り。

201709_zentai

(出典:日本政府観光局(JNTO)発表資料より作成)

 

1-9月の累計値は約2,120万人。 前年比伸び率は17.9% となりました。

 

 

ロシアが爆伸びする

近隣のアジア諸国の伸び率が大きい傾向は変わりないのですが、ロシアに限っては大幅に伸びています。ちなみに3月以降の前年比伸び率は34~66%と高い水準。これは今年の1月からビザの発効要件が緩和されたことが影響しています。

image

 

また、台湾に限ってみると伸び率が0%と前年並み。

これは、台風18号上陸による航空便やクルーズ船欠航の影響であるとJNTOは伝えています。

 

どれほどすごい台風だったのかルートを振り返ってみると、日本列島の本土4島(九州・四国・本州・北海道)全てに上陸しています。

これは気象庁が統計を開始した1951年以来初めてとのこと。また、上陸日も16日(土)~18日(月)と週末に重なってしまったことが大きく影響してしまいました。

(出典:wikipedia-平成29年台風第18号

 

ただ行けなかった方の旅行需要は完全に消えたわけではないので、10月以降反動で増えるでしょう。

 

 

過去データから回帰分析してみた⇒2017年通年予測は2,853万人

では毎月恒例の回帰分析で2017年通年予測を算出してみましょう。

image

(9月累計訪日観光客数を X / 年間訪日観光客を Y として過去6年分のデータを元に回帰分析)

回帰分析の結果、導かれた2017年年間訪日観光客数は 2,853万人。

 

先月とほぼ同じ水準です。

 

 

 

今月の国特集:台湾

9月は台風の影響で伸長がなかった台湾。実際台湾本国ではどのように台風が報道されていたのでしょう?調べてみたところ、youtubeにUPされていました。

※台風は中国語(繁体字)では「颱風」 と表記します

 

人の飛ばされ方がワイルドです。

 

 

こちらのニュースでは週末日本に上陸すると明言しており、この時点で日本行きを諦めた方が多くいたと考えられます。

 

台風上陸のピークは9月です。今年と同じことが来年も起こりうることが考えられるため、受け入れ側は台風の影響を加味しておくと良いでしょう。

 

まとめ

というわけでJNTO訪日観光客9月統計をまとめると下記の通り。

  • 2017年9月は228万人と単月過去最高値をマーク
  • 回帰分析では通年予測2,854万人。
  • 9月台湾の訪日動向は台風に影響されることが多い

 

例年9月だった中華圏の休みが2017年は10月にシフトしたことで、10月は大きく伸びてきそうですが、今月も大型の台風が接近中のため影響が心配されます。来月もお楽しみに!

 

 

今日の一句

”台風で 予定が吹き飛ぶ 台湾人”

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で地ブラ_インバウンド情報局をフォローしよう!

私たちについて

イメージに惑わされない正確なインバウンド情報を、マーケットデータと海外出張で得た現地1次情報を交えてお届けします。

1 個のコメント